線画

線画は、数学的に定義された曲線と線分によって形成されており、ベクトルと呼ばれます。これらのベクトルは、その幾何学的な特性に従って、グラフィックを表現します。また、ベクトルは、それぞれの始点と終点を x、y の座標系で表現する一連の直線として表記されます。

たとえば、斜線は、特定の線の太さと、特定の傾斜角度が指定されて、座標 H0 から座標 A8 に対する直線として描画されます。

Figure 1. 斜線をベクトルで表現

線画を編集するには、グラフィック全体、またはグラフィックを形成している直線と線分を移動またはサイズ変更します。線画は、解像度に依存しません。

品質、詳細、鮮明さを低下させることなく、グラフィックを任意のサイズにスケーリング (拡大縮小) し、任意の解像度で任意の出力デバイスを使って印刷することができます。

線画をオブジェクト指向 グラフィック、またはベクトル グラフィックと呼ぶこともあります。

Figure 2. 線画は、解像度に依存することなく、その幾何学的な特性に従って形状を表現します。