アンカー ポイント

直線 (線分) を紙に描くときは、特定のポイント、つまり鉛筆を紙に押し当てた点から描画を開始します。次に、もう 1 つのポイント、つまり鉛筆を紙から離した点で描画を終了します。線画の場合は、これらのポイントをアンカー ポイント と呼びます。論理的には、これらのアンカー ポイントを移動した場合は、パスの線分を変更することになり、パスの形状も変化する可能性があります。

Figure 1. アンカー ポイント (AB 、および C) により、各線分の始点と終点が定義されます。