スナップショットの保存

スナップショットとは、編集セッション後に保存した PDF 文書の状態を表示したものです。PDF 文書を以前のバージョンに戻すため、スナップショットを保存するとします。この場合、必ずしも編集セッションの後にスナップショットを保存する必要はありません。リストから任意のセッションを選択し、ワークフローの任意の段階で保存するだけです。

次の例を考えてみましょう。墨文字と特色を 1 つのみを使用して Certified PDF 文書を作成したとします。文書はオフセット印刷を想定してデザインされています。しかし、ワークフローの過程でこの PDF 文書をデジタル 4 色刷印刷でも印刷したい場合があります。そのためには、特色を対応する CMYK に変更する作業を PDF 文書全体に対して行います。たとえば、Enfocus PitStop Pro を使用してこの作業を行うこともできます。つまり、最新バージョンの PDF 文書には CMYK カラーのみが含まれていますが、この PDF 文書を、特色を使用するオフセット印刷でも印刷する必要があります。この場合、特色が含まれているバージョンを選択し、そのスナップショットを別の PDF 文書として保存してから、この PDF ファイルをオフセット プリンタに送信します。