文書を保存

PDF 文書で使用される PDF 規格のバージョン番号と、PDF 文書が互換性を持つ Adobe Acrobat のバージョン番号は異なります。「PDF 規格のバージョン」を「PDF バージョン」と略して呼ぶ場合もあります。

PDF バージョン

対応する Acrobat のバージョン

PDF 1.3

Adobe Acrobat 4.x 以上

PDF 1.4

Adobe Acrobat 5.x 以上

PDF 1.5

Adobe Acrobat 6.x 以上

PDF 1.6

Adobe Acrobat 7.x以上

PDF 1.7

Adobe Acrobat 8.x以上

Adobe Acrobat のバージョンとは対応するバージョンが異なる PDF 文書を編集する場合、文書の PDF バージョンが変更されてしまうことに気付かない場合があります。たとえば、前回 Adobe Acrobat 5.x で保存した PDF 文書があるとします。この文書の PDF バージョンは 1.4 です。この PDF 文書を Adobe Acrobat 7.x で開き、変更してから保存します。通常、この文書の PDF バージョンは 1.6 に変わります。これを防ぐために、[PDF のバージョンの自動増加を防止(Prevent the automatic increase of the PDF version)] オプションを選択することができます。

Note: PDF 1.7 (Acrobat 8) 文書を Adobe Acrobat 7 で開くことはできますが、この場合には、文書を正しく開いたり表示したりできない場合があるという警告が表示されます。これらの文書は Adobe Acrobat 7 で編集および保存でき、かつ PDF のバージョンを 1.7 に保つことができます。