CMYK カラーモデル

印刷機では CMYK カラーモデルが使用されています。このカラーモデルは 3 色の透明なインキ (シアン – C、マゼンタ - M、イエロー - Y) をブラック (キーカラーの K) と混ぜ合わせ、その量を調整することで、さまざまなカラーを再現します。CMYK インクは、用紙に反射する白色光をさえぎり、白色光から赤、緑、青の光を差し引く効果があります。人間の目に見えるのは、残された光です。

理論上、全てのカラーを吸収して、ブラックを再現するには、純粋なシアン、マゼンタ、イエローの色素を混ぜる必要があります。しかし、全ての印刷用インクには、不純物が混入しているので、これらの 3 つのインクを混ぜても、実際には土のような茶色になってしまいます。本格的なブラックを再現するには、ブラックインクを混ぜる必要があります。これらのインクを混ぜて、カラーを再現する方法は、4 色刷印刷と呼ばれています。



Figure 1. 理論上、シアン、マゼンタ、イエローを混ぜて完全なブラックになりますが、現実には、キー カラーのブラックを追加する必要があります。