彩度リマッピング

ターゲット デバイスのカラー スペースに変換するとき、オリジナルの画像のカラー彩度 (鮮明さ) を再現します。この方式では、カラーの総体的な彩度は、色域が変わってもそのまま維持されます。このレンダリング インテントは、主に業務用の画像を対象として開発されました。業務用の画像では、明るい彩度のカラーは重要でも、カラー間の厳密な関係 (写真の画像のような) は重要ではありません。



Figure 1. 彩度リマッピングは、全てのカラーを最も明るい彩度 (B ) にスケーリングします。彩度 (色度とも呼ばれる) は同じになりますが、一部のカラーは明るくまたは暗くなります。