相対的な色域を維持するリマッピング

入力デバイスと出力デバイスの両方の色域に含まれるカラーは変更されません。出力デバイスの色域に含まれないカラーは、通常、同じ明度で異なる彩度のカラーに変更されます。

この方式では、多くの異なる入力カラーが同じ出力カラーにマッピングされて、画像カラーの総数が大幅に減ってしまう場合があります。

ただし、2 つの出力プロファイルをプルーフィングのために結合する場合、このマッチング方式は便利です。プルーフィング デバイス (2) の色域は、変更先のプロファイル (1) の色域よりも大きいからです。



Figure 1. 相対的な色域を維持するリマッピングでは、色域に含まれないカラーは、同じ明度で異なる彩度のカラー (B ) で置き換えられます。