Enfocus PitStop Server

大量の PDF 文書を特定のプリフライト プロファイルに対して検証する必要がある場合は、この処理を自動化する必要があります。

PitStop Server には、PDF 文書を自動的にプリフライトする機能が備わっています。ここでは、指定した プリフライト プロファイルとアクション リスト (必要な場合) を保管するホット フォルダ を作成できます (アクション リストまたは QuickRun を使用した作業の自動化 も参照)。フォルダの作成後、PitStop Server によってユーザー定義可能な入力フォルダが定期的に監視され、このフォルダに保管されている PDF 文書が自動的にチェックされます。有効な PDF 文書と無効な PDF 文書が自動的に適切なフォルダに移動されます。このとき、必要に応じてプリフライト レポートも一緒に保存されます。

PitStop Server の詳細については、弊社の Web サイト (www.enfocus.com) を参照してください。