洗練されたプリフライト変数の適用

定義した変数のプリフライト プロファイルへの適用はシンプルな操作です。このセクションでは、プリフライト プロファイル内のほとんどのチェックおよび修正にどのように変数を適用できるかについて説明します。

変数セットを適用 (アクティベート) する

Acrobat の [ツール] パレットのツールの一覧から [PitStop プロセス(PitStop Processes)] > [洗練されたプリフライト(Smart Preflight)] の順に選択します。サブメニューから [変数セットを適用(Apply Variable Set)] をクリックし、その一覧から使用する変数セットを選択します。
Note: プリフライト プロファイルを編集する前に変数セットを適用しない場合、特定のチェックに変数をアクティベートおよび適用するときに変数セットを選択できる機会があります。

プリフライト チェックに変数セットを適用する

プリフライト プロファイルを編集し、洗練されたプリフライト変数を使用するチェックを選択します。チェックに使用する [アクション(Actions)] メニューをクリックし、[変数の名前を有効化(Enable Variable Names)] をクリックして、固定値ではなく変数を使用してチェックを開始します。

変数を適用できるテキスト ボックスおよびチェック ボックスの横に変数ボタンが表示されます。

変数チェックを適用するには、プリフライト チェックの横にある変数ボタンをクリックします。[変数を選択(Select a Variable)] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスには、そのチェック タイプで使用できるすべての変数 (数値、長さ、文字列またはブールなど) が表示されます。必要とする変数が表示されない場合、異なる変数セットを入力したか、適用先のチェックと同じ「タイプ」で定義されていないかのいずれかです。

変数を適用するには、一覧から変数を選択し、[OK] ボタンをクリックします。変数の名前が入力ボックスまたは適用先のチェックボックスの横に表示されます。

洗練されたプリフライトを実行する

変数を使用すると、作業で必要とされるプリフライト プロファイルの数量を減らすことができます。チェックに適用される変数を含むプリフライト プロファイルを実行すると、プロセス前に確認および修正の目的で表示されます。プロセスするジョブへの適合性をさらに高めるために、プリフライトを変更することができます。