洗練されたプリフライト変数セットの作成

Enfocus 変数セット エディタでは、変数セットの名前を指定できます。

[設定(SETUP)] > [全般(General)] セクションの [名前(Name)] テキストボックスで変数セットの名前を入力します。

[説明(Description)] 複数行テキストボックスでは、変数セットについて簡単な説明をオプションで入力できます。

パスワードを使用して変数セットをロックすることで、変数セットを編集できないようにして、セキュリティを強化できます。[権限(Permissions)] ドロップダウン メニューで、[ロック(Locked)] オプションを選択して、パスワードを設定し、変数セットを保護します。[パスワードの変更...] ダイアログ ボックスが表示されます。[パスワード] テキストボックスにパスワードを入力します。同じパスワードを [パスワードの確認(Confirm password)] テキストボックスに入力し、[OK] ボタンをクリックします。Enfocus 変数セット エディタ[保存] ボタンをクリックします。

ロックされた変数セットは、通常の変数セットと同様にどこでも使用することができます。変数セットのロックは、Enfocus 変数セット エディタで変数セットを開いたときに、単に他のユーザが変数セットを編集したり、完全な詳細を閲覧できなくすることを目的としています。

ロックされた変数セットを開く場合、ロックを解除して編集を行うには必ず特定のパスワードを入力する必要があります。

パスワードはいつでも変更することもできます。[パスワードの変更...(Change Password...)] ボタンをクリックし、表示されるダイアログ ボックスに新規パスワードを入力して、[OK] ボタンをクリックし、Enfocus 変数セット エディタ[保存] ボタンをクリックします。

変数セットからロックを解除するには、変数セットを開き、Enfocus 変数セット エディタでこの アイコンをクリックして [パスワードの入力...(Enter Password...)] ダイアログ ボックスを開きます。パスワードを入力して、編集を可能にします。次に、[権限(Permissions)] ドロップダウン メニューで [ロックなし(Not Locked)] オプションを選択し、Enfocus 変数セット エディタ[保存] ボタンをクリックします。

ロックされていない変数セットをエクスポートしようとすると、変数セットがパスワードで保護されていないことを警告する次のダイアログ ボックスが表示されます。



ロックせずに変数セットをエクスポートする場合は、[OK] ボタンをクリックします。この警告を今後表示させないようにするには、[OK] ボタンをクリックする前に、[今後はこのメッセージを表示しない(Don't show this message again)] チェック ボックスを選択します。

新規一覧または既存の一覧に新規の変数を追加するには、ダイアログ ボックスの左下にある ボタンをクリックします。一覧から変数を削除するには、 ボタンをクリックします。選択した変数を複製するには、 ボタンをクリックします。

現在の変数をテストまたは検証するには、 ボタンをクリックします。

洗練されたプリフライト変数の作成

[+] ボタンをクリックして新規の変数を作成したら、[名前(Name)] テキストボックスでその名前を入力できます。
Note: たとえば、チェックの目的を示すような、理解しやすい名前を付けてください。

[説明(Description)] 複数行テキストボックスでは、変数セットについて簡単な説明をオプションで入力できます。

異なる変数タイプ

本章で前述したとおり、作成可能な変数のタイプは「定数」と「規則に基づく」の 2 つがあります。それぞれのタイプの変数には、変数の「タイプ」が定義されていなければなりません。変数タイプが目的のプリフライト チェック設定と一致していることが重要です。変数をプリフライト チェック設定に適用する場合、入力のタイプと一致する変数のみが表示されます

たとえば、トリム ページ サイズの変数を作成する場合、「長さ」変数タイプを定義する必要があります。チェックボックスの選択または選択解除を行う必要のある変数 (たとえば、修正をオンにするため) では、ブール変数タイプを定義する必要があります。

変数タイプ:

タイプ 説明 使用例
番号 整数 ページ カウント、分版数など
長さ 数値 ページ トリム サイズ、ブリード量など
ストリング すべてのフォント 文書作成者、フォント名、特色名
ブール値 オンまたはオフ ランタイム時のチェックまたは修復のオンまたはオフ