洗練されたプリフライト変数のタイプ

PitStop Pro の変数に大きく分けて「定数」および「規則に基づく」の 2 つのタイプがあります。これらのタイプの定義を次に示します。

一貫性
定数変数フィールドをプリフライト チェックに適用する場合、オペレータはプリフライト チェックを実行する前に表示されたデフォルト値をオーバーライドできます。定数は、文字列、数値、測定値、またはブール値 (はい/いいえ、またはオン/オフ) のいずれかです。
規則に基づく
「規則に基づく」変数では、定数変数を使用して、他のプリフライト チェックでの値の変更を決定できます。他のチェックに依存するチェックが修正されることを確認し、プロセス時にオペレータが考慮する必要のある変数の数量を減らすことができます。

PitStop Server サーバーでは、規則に基づく変数を使用して、XML または JDF データから変数を分布することもできます。これにより、MIS または Web to Print ソリューションで XML または JDF ベースのパラメータを PitStop Server に渡すことが可能になるため、現在の文書に一致するようにプリフライト チェックを調整できます。この動的なプロセスは PitStop Server でのみ使用可能です。PitStop Server を Enfocus Switch と合わせて使用すると、このサポートをさらに拡張することが可能で、あらゆる SQL データベース ソースから変数を抽出することができます。

  マニュアル ジョブチケット データベースおよび Switch の変数
PitStop Pro    
PitStop Server    
Enfocus Switch と PitStop Server の組み合わせ