カラーのリマッピング

指定済みのオーバープリント設定を保持しながら、不要なオリジナルカラーを必要なカラーにリマッピングできます。リマッピングは、一度に個別のチャンネル、カラースペース、またはカラーに対して実行できます。


  1. [グローバル変更] > [標準] > [カラー] > [カラーのリマッピング] に移動します。
  2. [カラーのリマッピング]をダブルクリックして、[Enfocus グローバル変更エディタ]: [カラーのリマッピング] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. このダイアログ ボックスを使用すると、次の操作を実行できます。
    1. カラー スペースを他のカラー スペース または カラー にリマッピングできます。

      例えば、デバイス CMYK のすべてのカラーを含む PDF ファイルがある場合に、それらのカラーをデバイス RGB に変換したい場合、[リマップ:]ドロップダウン メニューで [カラー スペース] および [デバイス CMYK] を選択します。次に、[リマップ先:] ドロップダウン メニューで [カラー スペース] および [デバイス RGB] を選択します。

    2. 同様に、カラーを他のカラー スペースまたはカラーにリマッピングできます。
    3. カラーを他のカラー スペースまたはカラーにリマッピングすることもできます。
    4. チャンネルをシアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、CMYK または特色にリマッピングできます。

      例えば、CMYK と特色の赤で構成されるオブジェクトを含むファイルがあるとします。特色の赤を削除して、チャンネル特色の赤を別の特色または CMYK チャンネルにリマッピングしたいと想定します。

      チャンネルは、乗算ブレンドでブレンドされます。各チャンネルのカラー情報に基づき、ベースカラーは、ブレンドカラーによって乗算されます (すなわち、結果のカラーを取得するために必要なカラーの割合のみがブレンドされます)。

      複数のチャンネルを単一のチャンネルにリマッピングする場合に、それらのチャンネルに 100% より大きい組み合わせのインク適用量が元々含まれていた場合、リマップの結果は 100% より大きくなりません。

  4. 変更すると、[実行] ボタンの文字列が [保存して実行] に切り替わります。
  5. [保存] ボタンをクリックして設定を保存するか、[保存して実行] ボタンをクリックして、設定を保存し、さらにその設定を選択した画像/ファイルに適用します。