カラー スペースに変換

画像または文書のすべてのカラーを特定のカラー スペースに変換します。


  1. [グローバル変更] > [標準] > [カラー] > [カラー スペースに変換] に移動します。
  2. 画像/ファイルを選択します。
  3. [カラー スペースに変換]をダブルクリックして、[Enfocus グローバル変更エディタ]: [カラー スペースに変換] ダイアログ ボックスを開きます。

  4. このダイアログ ボックスでは、画像/ファイルに含まれているすべてのカラーを [デバイス グレー][デバイス RGB][デバイス CMYK] または [分版] に変換できます。例えば、画像がデバイス RGB である場合、画像のすべてのカラーをデバイス CMYK に変換できます。
  5. [分版] を選択すると、カラー データベースが読み込まれ、[特色ピッカー] ダイアログ ボックスから任意のカラーを選択できます。
  6. 必要な場合は、[同じ輝度を保つためにグレーを強制]チェック ボックスを選択します。PitStop Pro では、CMYK への変換前に混色のグレーおよびブラックがブラックにリマッピングされます。これによって、例えば RGB ブラックのテキストは、すべてのプロセス カラーの混色ではなく、純色 100% K に変換されます。
  7. 変更すると、[実行] ボタンの文字列が [保存して実行] に切り替わります。
  8. [保存] ボタンをクリックして設定を保存するか、[保存して実行] ボタンをクリックして、設定を保存し、さらにその設定を選択した画像/文書に適用します。
    Note:

    ユーザーは、次の 2 つの方法のいずれかを使用して、オブジェクトをスポットに変換することを選択できます。

    1) [カラー スペースに変換] を使用すると、画像のディテールを保持するように選択できます。ただし、カラーの輝度が失われる危険性があります。異なるカラーのピクセルには、変換後も異なるカラーが割り当てられます。したがって、オブジェクトは、最初にグレースペースに変換され、次に分版カラー スペースに変換されます。このアクションでは、コントラストは保持されます。

    2) [カラー セットへの色のスナップ] アクションを使用すると、カラーの輝度を保持するように選択できます。ただし、画像のディテールが失われる危険性があります (ターゲットカラーに薄い影がつく場合があるため、ソース カラーの大量のティントが全く同じターゲットカラーにマッピングされます)。このアクションでは、コントラストは保持されません。