ページ ボックスの設定

デザイン レイアウト エディタの [ページ ボックス] カテゴリでは、ページ ボックスを定義することができます。飛び出しメニューから [現在のページ ボックスをテンプレートとして選択] を選択して、現在の文書のページ ボックスを使用するか、または数値を使用してページ ボックスを定義することができます。


  1. [プリプレス レイアウト] を選択します。

    このオプションを使用すると、全てのページ ボックスを定義できます。[画面表示レイアウト] を選択した場合は、メディア ボックス、クロップ ボックス、およびアート ボックスのみを定義できます。[レイアウトなし] を選択すると、デザイン レイアウトでページ ボックスが定義されません。

  2. トリム ボックスを定義します。
    • トリム マークを検出して、それを基にトリム ボックスを定義する場合は、[検出されたトリム マークにスナップ] を設定します。[編集] ボタンをクリックすると、トリム マークのカラー (CMYK の 100% 値、レジストレーション カラー、特定のカラー) を定義できます。トリム マークが検出されない場合は、その次の有効なオプションが使用されます。

    • 既存のページ ボックスまたはページ コンテンツを基準に新しいトリム ボックスを配置する場合は、[既存のトリム ボックスと同じ] を設定します。オフセットやアンカー ポイントなどを使用して、新しいトリム ボックスの左上隅を既存のトリム ボックスの左上隅に合わせることができます。

    • [トリム ボックスのサイズ] を定義済みの用紙サイズに設定するか、[カスタム] を選択して幅と高さを定義します。他の検出方法が無効になっている場合、またはそれによって結果が生成されなかった場合、このオプションが使用されます。

  3. ブリード ボックスを定義します。
    • ブリード ボックスを定義しない場合は、ブリード ボックスを [なし] に設定します。定義する場合は [あり] に設定します。

    • ブリード マークを検出して、それを基にブリード ボックスを定義する場合は、[検出されたブリード マークにスナップ] を使用します。[編集] ボタンをクリックすると、ブリード マークのカラー (CMYK の 100% 値、レジストレーション カラー、特定のカラー) を定義できます。

    • トリム ボックスに基づいて、使用する余白を定義します。[トリム余白] ボタン を使用して、左、右、上、下の余白を指定するか、全ての側に同じ距離を適用します。

    • 左、右、上、下の余白を指定する場合、[偶数ページでミラー処理] を使用して、偶数ページの左余白と右余白を入れ替えることができます。

  4. メディア ボックスを定義します。
    • トリム ボックスに基づいて、使用する余白を定義します。[トリム余白] ボタン を使用して、左、右、上、下の余白を指定するか、全ての側に同じ距離を適用します。

    • 左、右、上、下の余白を指定する場合、[偶数ページでミラー処理] を使用して、偶数ページの左余白と右余白を入れ替えることができます。

  5. クロップ ボックスとアート ボックスを定義します。
    • [なし]: クロップ ボックス/アート ボックスを定義しません。

    • [トリム ボックスと同じ]

    • [メディア ボックスと同じ]

    • [表示オブジェクトにスナップ] (アート ボックスの場合のみ): クロップ ボックス内 (クロップ ボックスがない場合はメディア ボックス内) にあるページ内容のバンディングボックスにアート ボックスを設定します。