特色を作成する手順

PitStop Pro を使用して、Adobe Acrobat で新規特色を作成したり、その名前や CMYK 値を変更したりすることができます。この方法には、ソース ファイルとオーサリングおよび設計のプログラムで特色を管理する場合に比べて、文書全体でカラーの一貫性を維持する方が簡単であるというメリットがあります。たとえば、デスクトップ パブリッシング プログラムにインポートするグラフィックでは、特色定義が互いに異なっている場合があります。または、これらのグラフィックの特色定義が、デスクトップ パブリッシング プログラムで定義したものと異なっている場合もあります。

次の手順に従います。


  1. カラー オブジェクトやテキストを含む PDF 文書を作成または開きます。
  2. [オブジェクトの選択] ツールを使用し、オブジェクトまたはテキストを選択します。
  3. Enfocus インスペクタを表示するには、[ツール(Tools)] > [PitStop 検査(PitStop Inspect)] > [インスペクタ(Inspector)] を Acrobat X 上で選択、または [ウィンドウ(Window)] > [Enfocus インスペクタを表示(Show Enfocus Inspector)] を旧バージョンの Acrobat 上で選択、または [インスペクタを表示(Show Inspector)] ボタン をクリックします。
  4. [線 / 塗り] カテゴリをクリックします。
  5. [特色ピッカー] を選択します。
  6. [カラー ピッカー] で、特色を選択します。
    1. [新規] をフライアウトメニューから選択して、まったく新しい特色を作成するか、[選択して新規作成...] を選択してライブラリ内の選択カラーをベースに特色を作成することができます。
    2. この特色の名前を入力してください
    3. [代替特色値として定義] を選択します。これは、カラーが特色であり、次で入力される CMYK/RGB 値は、表示用にそのカラーを変換する際に使用される「代替値」であることを意味しています。
    4. RGB または CMYK の値を入力して、カラーを定義します。
    5. [OK]をクリックします。
  7. 次のいずれかを実行します。
    • 選択したオブジェクトに新規の特色を適用するには、新規の特色を選択し、[OK] をクリックします。
    • 選択したオブジェクトに特色を適用しないでカラー ライブラリに特色を保存するには、[キャンセル] をクリックします。

    カラーをカラー ライブラリに保存すると、グローバル カラー変更やアクション リストの作成など、他の PitStop Pro のタスクでカラーが使用可能になります。また、この特色をカラー ライブラリから取り出して、繰り返し使用できます。