テキストまたは線画オブジェクトのカラーを変更する手順


  1. [オブジェクトの選択] ツール または [類似オブジェクトの選択] ツール を使用し、カラーを変更するテキストまたは線画オブジェクトをクリックします。

    [類似オブジェクトの選択] ツール を使用し、同じカラーが含まれたページのテキストや線画オブジェクトを全て選択できます。

  2. [ウィンドウ] > [Enfocus インスペクタを表示] を選択するか、[インスペクタを表示] ボタン をクリックして Enfocus インスペクタを表示します。
  3. [塗り / 線] カテゴリをクリックし、[塗り][線] が選択されていることを確認します。

    選択したオブジェクトの現在のカラー設定が Enfocus インスペクタに表示されます。

  4. 選択したテキストまたは線画オブジェクトのカラーを変更するには、[塗りのカラー] または [線のカラー] カテゴリをクリックし、以下のいずれかを実行します。
    • 同じカラー スペース (たとえば CMYK) のカラーを変更する場合は、それぞれのカラーのスライダを左右に動かすか、テキスト ボックスにパーセント値を入力します。
  5. カラーを別のカラー スペース (グレー、RGB、CMYK、特色) に変更する場合は、該当するボタンをクリックし、必要に応じて、そのカラーのスライダを左右に動かすか、テキスト ボックスにパーセント値を入力します。
    Note: Enfocusインスペクターでの色変換は [環境設定] で定義されたカラー プロファイルを使用して行われます。特定のカラー プロファイルに基づく色変換はカラー変換ウィンドウで行われます。詳細については、「PitStop Pro Reference Guide」を参照してください。

    • カラーを特色に変更する場合は、[特色] をクリックします。[特色ピッカー] でカラー ライブラリおよび特色を選択し、[OK] をクリックします。
    • カラー リポジトリのカラーを使用する場合は、[特色ピッカー] をクリックします。リポジトリのカラーを選択し、[OK] をクリックします。

    必要に応じて、選択したオブジェクトの塗りまたは線の属性を指定できます。

  6. [塗り / 線] タブをクリックします。
  7. [線] 領域で、以下の線の属性を指定します。
    • の太さを指定します。
    • [線端] スタイルおよび[結合] スタイルを選択します。

    線端スタイル

    結合スタイル

    アイコン

    意味

    アイコン

    意味



    バット線端



    マイター結合



    ラウンド線端



    ラウンド結合



    突出線端



    ベベル結合


    • マイター結合スタイル を選択した場合は、[マイター結合] を設定してください。
    • [ストロークの調整(Stroke Adjustment)]ドロップダウンメニューで、有効化するには[オン(On)]オプションを選択します。自動的なストロークの調整に設定するには、[デフォルト(Default)]オプションを選択します。ストロークの調整を無効化するには、[オフ(Off)]オプションを選択します。
      Note:

      ストロークの調整により、すべての垂直線および水平線について、同じ太さの外観を持つように、ピクセル線幅が整数値に丸められます。

      同じ線幅を持つ複数のストロークが低解像度にレンダリングされると、それらのラスタライズ処理は、デバイス ピクセルでの異なる幅の線(最大で 1 ピクセルの差異)を生じる可能性があります。この効果は、それらのストロークの実数での正確な位置が、デバイス ピクセル グリッドとどのように交わるかによって変わります。より良い視覚的な結果を得るために、自動的なストロークの調整を有効化できます。これは、ラスタライズの効果を弱めるもので、線幅と座標をわずかに変更することによって、デバイスピクセルでの均一の太さを持つ線を生成します。
    • 破線を作成する場合は、[破線] ボタン をクリックし、[オン] ボックスで破線の長さ、[オフ] ボックスで線の間隔をそれぞれ指定します。必要に応じて、[位相] を指定し、破線を動かします。


     



     

    A

     

    B

  8. ポリゴンまたはループを塗る場合、[塗り] または [EO 塗り] を選択します。