プリフライト プロファイルを編集または作成する手順


  1. プリフライト プロファイルを新規作成するか、既存のプリフライト プロファイルを編集して、[Enfocus プリフライト プロファイル エディタ] を開きます。
  2. [設定] > [全般] カテゴリでプリフライト プロファイルの [プロパティ] を確認し、必要に応じて、プリフライト プロファイルの [名前][作成者][会社名][説明] を変更します。
    1. [権限] セクションでは、プリフライト プロファイルを部分的にロックしてパスワードを設定することを選択できます。また、修復やサインオフを許可したり、修復のログ、プリフライト レポート、カラーマネージメント設定を変更することを可能にできます。詳細についてはプリフライト プロファイルのロックを参照してください。
    2. [問題の処理] セクションでは、エラーが発生したときにどうするかを決定できます。修復を許可したり、サインオフを許可したり、修復のログの変更を可能にしたりすることができます。
    3. [プリフライト レポート] セクションでは、プリフライトの詳細とともに、フォント、カラー/カラー スペース、ページ ボックス、画像、OPI および出力インテントに関する情報を含めることを選択できます。
  3. [セットアップ] > [カラー マネジメント] カテゴリで、カラー マネジメントの設定を定義できます。詳細についてはカラー マネージメント プリセット エディターを使用するを参照してください。

    また、プリフライト プロファイルの修正をすべて有効化/無効化することも可能です。Enfocus プリフライト プロファイルでは、PDF 文書のプリフライトチェックという枠を超え、検出した問題の修正までも行うことができます。また、修正を複数個指定したプリフライト プロファイルを作成し、それらの修正を無効にすることもできます。これは、現在は PDF 文書をチェックするだけで、修復は後になって行う可能性がある場合に利用できます。

  4. [チェック対象] カテゴリで、リスト内のプロファイル チェックをクリックします。プロファイル チェックを有効にするには、そのすぐ隣のチェック ボックスを選択します。
  5. [使用可能なチェック] セクションで、1 つまたは複数のチェック、あるいはチェック対象の潜在的な問題をダブルクリックして、プロファイル チェックに追加します。
  6. 必要に応じて、問題の修復方法を指定します。
  7. 検出された問題をプリフライト レポートにリストする方法を、[注意][サインオフ]、または [エラー] から選択します。
  8. [アクション]ドロップダウン メニューでは、[変数の名前を有効化]を選択して、固定値ではなく変数を使用できます。この アイコンが表示され、これをクリックすると、[変数を選択する] ダイアログ ボックスが現れます。
  9. [変数を選択する] ダイアログ ボックスっでは、変数セットを使用しないことを選択するか、使用対象の変数を含んでいる変数セットを選択することができます。 変数は、動的な値によって置換される認識性の高い特殊な文字列です。変数データは、プロパティの値を提供するために使用できます。詳細は [環境設定] > [ 環境設定Enfocus PitStop Pro ] > [変数セット] を参照してください。
  10. チェックおよび修復する各プロファイル チェックに対して、手順 6 から 10 までを繰り返します。
  11. [OK] をクリックします。