アクション リストをプリフライト プロファイルに追加する手順


  1. [Enfocus プロセス - プリフライト] パネルを開きます。
  2. 変更するプリフライトプロファイルをダブルクリックします。

    [Enfocus プリフライト プロファイル エディタ] が表示されます。

  3. [アクション リスト] カテゴリをクリックします。[アクション リスト] カテゴリを有効にするには、そのすぐ隣のチェック ボックスを選択します。
  4. この ボタンをクリックしてアクションリストを選択し、プロパティをチェックしたり、問題を修正したりします。変更内容のみを含んでいるアクション リストを [変更] リストボックスに追加したり、チェックのみを含んでいるアクション リストを [チェック] リストボックスに追加することができます。
  5. 複数のアクション リストを追加する場合は、 の 2 つのボタンを使って、アクション リストを実行順に並べ替えます。
    Note: アクション リストが複数ある場合、順序を変えて実行すると結果が変化する場合があります。必要に応じて事前にテストしてください。
  6. [アクション リストのエクスポート] ボタンをクリックします。[アクション リストのエクスポート] ダイアログ ボックスが表示されます。アクション リストを保存する場所を選択し、[保存]ボタンをクリックします。アクション リストが選択した場所に保存されます。
  7. アクション リストを編集して、必要に応じた形に修正できます。修正するアクション リストを選択して、[アクション リストの編集(Edit Action List)] ボタンをクリックします。[Enfocus アクション リスト エディタ(Enfocus Action List Editor)] ダイアログ ボックスが表示されます。これを使用することで、アクション リストの修正と保存を行えます。 アクション リストの修正方法の詳細については アクション リストを作成または編集する手順 を参照してください。
  8. ダイアログ ボックスの右上隅にある [アクション(Actions)] メニューをクリックし、[変数の名前を有効化(Enable Variable Names)] をクリックして、固定値ではなく変数を使用してチェックを開始します。すべてのアクション リストの隣に変数ボタンが表示されます。変数ボタンをクリックして変数名を選択し、それをアクションリストに適用します。変数によって埋め込みアクション リストの有効/無効の状態を制御できます。

    アクション リストに対する変数を有効化すると、変数の値に応じて実行されるようになります。一方、有効化された変数を持っていないアクション リストは、ユーザーがプリフライト プロファイルを実行すると、常に実行されます。

    Note: 変数セットと洗練されたプリフライトの詳細については、洗練されたプリフライト を参照してください。
  9. [Enfocus プリフライト プロファイル エディタ] で、[OK] ボタンをクリックします。