サインオフ

プリフライト プロファイルでプロパティが [サインオフ] に設定されている場合、基準を満たさないプロパティはレポートでエラーとしてリストされます。リストされたエラーは、ジョブやワークフローで問題にならないと独自に決めることもできます。このような場合、プロパティは警告として処理されます。


  1. [Enfocus ナビゲータ] で、+ (プラス) ボタンをクリックして [サインオフ] セクションを開きます。
  2. エラーをサインオフする理由を、メモとして入力することができます
  3. 次のいずれかを実行します。
    • [適用先] オプションを [すべての問題のオブジェクト] に設定し、一度にすべての問題をサインオフします。
    • [適用先] オプションを [現在のオブジェクト] に設定し、[オブジェクト ブラウザ] を使用して、サインオフする特定のオブジェクトおよびエラーを選択します。
  4. [サインオフ] ボタンをクリックします。